スケール除去の方法について

スケールはボイラーなどの設備にとって非常に厄介なものです。

スケールとは水が蒸発することによって付着するカルシウムやマグネシウムの硫酸塩や炭酸塩・水酸化合物などの固形分のことです。

スケール除去についての情報をまとめたサイトです。

このスケールを除去しないで放置しておくとボイラーなどの内部の対流が妨げられます。


又、伝熱面の破損が発生してしまいます。


スケールは伝熱面上に徐々に付着していき非常に硬いものですからボイラーのメンテナンスにとっては非常に厄介なしろものです。スケール除去にはデスケーラーという薬剤が使用されます。
デスケーラーは通常の方法では除去できない硬いスケールを溶かしながら除去します。



その成分には強酸が含まれています。そのため、危険な薬品ですので人体に触れないように注意が必要です。近年ではデスケーラーの改良が進んでおり、万が一皮膚に付着した場合でも水で簡単に洗い流せるなど、安全にスケール除去の作業ができるようになってきています。


また、成分の改良で処理速度も速くなってきています。

ボイラー以外でスケール除去にデスケーラーが使用されるものとしては、熱交換器・ポンプの冷却水配管の洗浄などがあります。

デスケーラーは造船の貝殻除去やコンクリートミキサー車のシャフトのコンクリート除去、トンネル内部での排ガスの汚れ除去などさまざまなところで使用されています。

いずれにしても、ボイラーの内部などに付着したスケールは定期的にデスケーラーを使用して除去する必要があります。