スケール除去は生産効率を維持するために必要

工場などの機械設備を保有している会社は、それらに耐用年数を設定していて設備稼働計画やキャッシュフローなどの管理をしています。

スケール除去情報の差に驚きました。

通常はその耐用年数まで普通に使えますが、それより前に壊れてしまう場合は環境による問題が多くあります。例えばスケール除去を怠った場合などがこれに該当します。


スケール除去とは多くの製造現場でスケールの蓄積によって稼働率の低下やメンテナンスの手間を排除するために定期的に行う作業です。
特に食品関連ではこれをしないと味や品質に問題が生じてしまうため深刻な問題です。


商品の品質が落ち、電気代などのコストも高くなってしまう事からメーカーにとっては定期的にメンテナンスをする事で効率を維持する事が求められています。その他にも水道が詰まりやすくなったり、蛇口に白いものが付着、あるいはコップの水に白いものが浮遊するようになったらスケール除去をするべきでしょう。


その他にもボイラーの熱効率や冷房などの効率の低下、電気代など目に見えるエネルギーコストが高くなったり給湯器の着火が悪くなった場合も白錆と呼ばれるスケールが悪さをしている可能性もありますのでメンテナンスを早急に検討したほうがいい時期と言えます。



製造効率だけではなく生活への影響という意味でも早めのメンテナンスがもとめられます。

例えば水道管を閉塞させてしまっては詰まったり逆流の原因となるほか調理器具や機器類の素材を傷める原因にもなり得ます。早めの処置が機械や器具の寿命を長引かせるために必要な事です。